EDUCについて

EDUC Intercultural Chapel Hillモンテッソーリ子どもの家は、多文化、国際化の中で育つ子どもたちが幸せに育ち、一人一人の内に持っている素晴らしい成長への力を開花させていくことができるようにという願いを込めた教育の場です。この教育理念を支えるモンテッソーリ教育を基本とする環境の中で、オーストラリアで育っていく子どもたちが日本語の学習を深めながら、自主性(自ら育っていく力)、社会性(協働性)や、多様化された世界の中で貢献していける資質を育てます。

 

ここオーストラリアで育つ日本人を親に持つ子どもたちは、その生活環境そのものから、国際化、多様化に対応しながら成長しており、これからの国際社会で貢献していける大きな可能性を持っています。その子どもたちにとって、言語を習得するうえで敏感な時期の、一人一人の学びを支える教育環境は大切です。そして言語の習得のみならず、多文化のなかで育つ子どもたちの安定したアイデンティティの確立の基礎が、この時期に培われていきます。

 

このような全人的な教育を目指し、オーストラリアでは初めてと思われる、日本語によるモンテッソーリ教育のクラスを開きます。日本で育つ子どもたちとの交流の時間も持ち、お互いにとってのまたとない学びの場となることを願います。

 

多くの可能性を秘めたオーストラリアと日本で育つ子どもたちが、幸せに生き自己実現していけるために、世界水準の教育を常に視野に入れながら、ご家族の皆様とご一緒にお子様の真の成長を見守り支えていけることを願っています。​